93×35 (939Byte)

 

祭事行事

*時間や場所など詳細は社務所へご確認ください*

*水無月 6月 June
 30日 夏越大祓

 みなつきの  なごしの祓する人は
           
千年(ちとせ)の命 のぶというなり   (拾遺集)


 この歌にあるように古くから多くの人が無病息災・延命長寿を願って、広く行われてきた祓いの神事が大祓です。こうした故事をもとに、当宮では、毎年6月と12月の晦日に、この神事を行ってまいりました。  

 殊に6月の大祓は「夏越大祓(なごしのおおはらえ)」といい、夏の暑さより身を守り、正月から半年間の罪や穢れを祓い清めて家内安全・一家繁栄を祈願する神事です。

 つきましては、人形(ひとがた)にご家族の氏名・年齢を男女別にお書きになり、その人形でご自身の体を撫で、息を吹きかけて神社にご持参下さい。

 神社では、それぞれの人形を皆様の身代わりとして祓い清め、罪・穢れとともに大海原に流し去り、家内安全・一家繁栄のご祈願を執り行います。

 なお、6月30日午後2時より境内において「茅の輪くぐり(ちのわ)」という、古式豊かな大祓神事を齋行いたしますので、お誘い合わせの上、ご参列下さいますよう、併せてご案内申し上げます。

 

 一、人形(ひとがた)の記入にあたって
   一人につき一枚の割りでご利用下さい。

 一、 人形は社務所にご用意してあります(郵送も可能)。

 

 一、初穂料  一家族 1,200円
          人形と一緒に神社にご持参ください。

 (郵送の場合は、返信用封筒の中に人形を入れ、
 代表者の方の住所氏名を封筒裏面に書いてお送り下さい。
 初穂料は、同封の振替用紙にてお振込みください)

 一、その他  お申込みのご家族には、大祓が済みましたら
          「茅の輪守り」をお送りします。(一家族一体)